研究成果がSCIS&ISIS2018 および情報処理学会研究会で発表されました

  • Tessai Hayama, Hidetaka Odate, Naoto Ishida , “Classification of Student’s In-class Behavior Using a Desktop Pressure Sensor”, Proceedings of the Joint 10th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems and 19th International Symposium on Advanced Intelligent Systems in conjunction with Intelligent Systems Workshop 2018,p.1-5 (2018)
  • 羽山 徹彩, 大舘 英隆, 石田 直登,受講生の状態推定のための圧力センサを用いたテーブルトップインタフェースの開発,情報処理学会 研究報告コンピュータ学習と教育(CLE) 2018-CLE-26(17), pp.1-7, pp.100-103 (2018)

机の上に物を置いたら、その位置と重さを検知するデバイスを開発しました。それを使用し、机上での学習者の行為を、機械学習で認識するシステムを開発しました。このシステムによって、学習者の行為から、学習改善や教授改善を促す知的な学習支援システムが可能になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)