以下のテーマについて、情報処理学会の第33回教育学習支援情報システム(CLE)研究会で発表しました

「マルチモーダル情報に基づくグループ対話における知識伝達の分析」

知見:対話中のマルチモーダル情報を分析することで,話題の知識を授ける人と受け取る人の立場が高精度に識別でき,その立場によって効率的な知識伝達されている対話に含まれたマルチモーダル情報の特徴を明らかにした。

本研究成果の実現により,以下のことが可能になります。

  • 対話中の知識伝達し易い状況の判断が可能
  • 参加者の貢献度や効果的な話し合いへの誘導が可能